« 桃と菜の花 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2013年5月18日 (土)

すずらん

樹脂粘土でスズランをつくりました。あのかわいい白い丸みがどうしても作れず、四苦八苦しましたが、組み合わせたらどうにかスズランらしくみえました。6月に咲くものと思っていましたが、花期は4月から5月。庭のプランターには園芸種のドイツスズランがあり、今年はゴールデンウイークに咲き、今は緑の実がなっています。フィンランドの国花で有毒。別名「君影草」「谷間の姫ゆり」、すてきな名前ですね。花言葉は「意識しない美しさ」「純粋」だそうです。長野県の入笠山には日本種の自生のスズランがあるそうです。いつか行って見たいと思っていたのですが。
H25514

|

« 桃と菜の花 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

恵様

スズランについての知識凄いですね。

君影草…知りませんでした。勉強になります。

本物のように香りが漂って来るようなきがします。

投稿: risen | 2013年5月19日 (日) 10時37分

risenさま
スズランは、入笠山ではやはり6月がスズラン祭りだそうです。平地は早いのですね。行けなくてもインターネットで見ることができる、本当に便利ですね。

投稿: 恵 | 2013年5月21日 (火) 17時24分

スズラン、素敵な仕上がりですね!可愛くて可憐で清楚。好きな花です。我が家もプランターで楽しんでいます。入笠山のすずらん祭は知りませんでした。独身だったころ、2月だったか?3月だったか?入笠山に登りました。膝の高さまで雪に埋まりながら進んだ記憶が甦りました。

投稿: hikobae | 2013年5月26日 (日) 21時09分

hikobaeさま
独身の頃から山登りをされてたなんて良いですね。長野の山に2月では大変だったでしょうね。雪山で思い出すのは、石割山。やはり2月で、低山でしたが、膝まで雪がありました。眼下に山中湖を眺め、その上にゴルフ場?、ジグザグの登山道がくっきりと、雲一つない青空と富士山が真正面に大きく見えました。あまりに素晴らしい景色だったので、翌年姉を連れて行きました。

投稿: 恵 | 2013年6月10日 (月) 22時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すずらん:

« 桃と菜の花 | トップページ | 明けましておめでとうございます »