« 荒船山 | トップページ | 高尾山(600m) »

2010年11月 7日 (日)

子持山(1296m)

11月3日、いつものように前日に思い立ち、群馬県渋川の子持山に登ってきました。朝冷え込むという予報なので、山の近くまで行かずに、高速の駒寄SAで車中泊。からっ風の群馬らしく、窓から見える景色は、まだ青い銀杏の葉が舞って寒々しいものでした。なかなか眠ることができずに、明日のことを思い焦りましたが、いつの間にか
渋川伊香保で高速を降り、40分ほどで登山口へ。まず屏風岩を見上げましたが、直立し過ぎていて写真は諦めました。あまり紅葉していなくてがっかり。分岐にリュックを置いて、急登、ハシゴ、クサリを頼りに獅子岩へ。上から若い男性3人が「素晴らしいですよ」と声をかけてくれる。獅子岩を境に反対側は思わず声を上げるほどの紅葉でした。登り始めに撮れなかった屏風岩を上から見たところです。何枚もの岩が紅葉の中に垂直に立っています。
H22113_2
榛名山、上州武尊山(じょうしゅうほたか)、赤城山、眼下には利根川と360度の展望でした。
Photo
30分ほど岩の上で遊んで、リュックを背負い、小ピークを幾つか越えて頂上です。途中の尾根道から眺めた獅子岩、スフィンクスのようでした。
H22113_019
登山道の傍らにドウザンツツジが真っ赤に色づいていました。
H22113_3
頂上では日光白根山、赤城の黒檜山、伊香保温泉が見えました。1等三角点がありました。頂上でゆっくり昼食。せっかく登ったのに、どうして皆さっさと下山してしまうのかな?もったいない。帰りに、張り出した岩の上から覗いたら、大好きな黄金色のカラマツが見え、感激しました。
H22113_4
イキハヨイヨイ、カエリハコワイ。下りはいつも長~く感じます。
子持村温泉センターへ。

|

« 荒船山 | トップページ | 高尾山(600m) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子持村に子持山があるのは知りませんでした。昔子持村にある温泉に何回か行きましたが山にはのぼったことはありませんでした。ただ前に名前は忘れましたが、群馬県の下仁田辺りにある妙義山?と似た山みたいですね。妙義山?歯2階ほど行った事があります。
天気が良くて山の織り成す景色の素晴らしさは写真の撮り方のうまさにひと際引き立っています。最近は山登りする元気はありませんが上った人の写真を見て楽しむ事は
楽しいので今後も写真投稿お願いします。

投稿: 花知らず | 2010年11月 8日 (月) 14時41分

獅子岩、360度の展望&紅葉で気持ちよさそう!カラマツも素敵!良い写真を楽しませていただきました。山は登りより下りの方が膝にきますね。
思い立ってすぐお出かけになる行動力に感心しています。
ゾウザンツツジはドウダンツツジとはまた違うのかしら?昔、入学した高校の植え込みになっていて、先生が「名前を知っているか。漢字で書けたら満点評価10だよ」と黒板に満天星躑躅と書いて教えて頂いたのを昨日のことのように思い出しました。

投稿: hikobae | 2010年11月 8日 (月) 21時36分

花知らず様
子持山は赤城山、榛名山という有名な山に囲まれて低山のためにあまり知られていないのだそうです。相棒が何回か登っているので名前は知ってましたが、私は今回初めて登りました。頂上には十二山神が祀られ、眺望のきく、変化に富んだ良い山だと満足して帰りました。妙義山も何十年も前にドライブがてら大砲岩のところまでしか行ってないので、ぜひいつか登ってみたいです。
hikobaeさま
思い立ってすぐ=計画性が無いのですね。いつも天気予報を見てから決めます。だから晴れ女。久しぶりの山も、今年はこれで終わりかな。相棒の歳とか、自分の体力とかその他諸々の事情を考えると、焦りを覚えます。もっと早く行けばよかった。
「ゾウザンツツジ」初めて聞きました。検索したらゾウザンツツジ河口湖・・・というのがありましたが、「ドウザンツツジ」と同じではないでしょうか。ドウザンツツジで検索したら、Wikipediaで満天星躑躅、燈台躑躅とも書くとでていました。これも初めて知りました。ありがとうございます。

投稿: 恵 | 2010年11月12日 (金) 20時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子持山(1296m):

« 荒船山 | トップページ | 高尾山(600m) »